未分類

【雑談】M-1グランプリ2017の感想!受けだけなら誰が優勝でもおかしくなかった!?和牛が優勝できなかった原因は…?

投稿日:

昨日M-1グランプリ2017の決勝を見ました

普段はゲームのことについて書いてますが、実はお笑いも結構好きで昔からよく見てるんですよね

キングオブコント等、お笑いの大会があると毎年ツイッターでは感想書いてたりしてます

ただ、ツイッターでは短い文章しか書けないのと、今はブログをやっててせっかくなのでもう少し長めの感想をここで書いていきたいと思います

では1組ずついきます

  • ゆにばーす

トップバッターとしては相当盛り上げたと思います

一見はらさんのインパクトが強烈でキャラ頼りになるのかなとも思いましたが、ツッコミの方の勢いやワードセンスも随所に光ってましたね

トップじゃなくてもう少し後の方ならもっと点数が伸びたと思ったので、順番に泣かされたと印象が強かったです

  • カミナリ

昨年同様にたくみさんがまなぶさんの頭を強く叩いてから突っ込むというスタイルですが、同じスタイルでも大きな笑いを取ってましたね

叩いてから突っ込むというのを見てる人の多くが既に知ってる中でもたくみさんがツッコミを全然外してなかったのはすごいと思いました

ただ、このスタイル故にどうしても手数が少なくなってしまい間が空いてしまうため、1回1回の爆発力ありきになってしまうのが難しいところですね

ゆにばーすと比べると受けた回数も最大瞬間風速も少し劣った印象ですね

  • とろサーモン

掴みの久保田さんの陰気な感じとオチの好き勝手やってるところがとろサーモンらしく面白かったのですが、正直ネタの中身の印象が薄かったですね…

カミナリより手数が多くて受けていたのでカミナリより高得点なのは分かりましたが、ゆにばーすを超えてたかと言うと疑問です

けれど会場の受けだけでは判断つかないと思うので技術的なところを見られたのではないかと思います

  • スーパーマラドーナ

昨年3位と今年敗者復活で上がってきただけあって実力は申し分ないですね

テンポもよく伏線もしっかり張っててうまいし面白い漫才だと思いました

ただ、ボケの田中さんが1人で何役もやってて達者ではあったもののそれのせいで少しとっ散らかってた印象も受けました

あと武智さんがツッコミはしてるものの傍観者でしかないように見えたので田中さんが演じてる世界観に入り込んで欲しかったとちょっと思いました

  • かまいたち

正統派なしゃべくり漫才で、怖い話にイライラするといった斬新な視点を持ったネタで面白かったです

かまいたちはコントもそうなのですが、終盤にかけて尻上がりに受けが大きくなっていくネタの構成をしているので、本当に賞レース向けのネタを作るのが上手いなという印象を受けます

ただ、小朝さんの言った通り勝ち切るネタではなかったとは思います

尻上がりに受けるのは好印象ではあるのですが、やはり掴みや序盤から中盤にかけても大きな笑いをとる組もいたのでそれだけでは他に差を付けられないというのが漫才とコントで違うところなのかなっとふと感じました

  • マヂカルラブリー

個人的に推していたコンビだったのですが、なぜこのネタにした…という印象しかないですね

確かに準決勝でこのネタやって上がってきたのですが、準決勝で受けたのも見てる人がお笑い好きで当然マヂカルラブリーがどんな芸人か知ってる人が多いからこそだったと思うんですよ

決勝ではマヂカルラブリーという芸人を知らない人が多く、野田くんのキャラが浸透してない中で野田ミュージカルというネタをやられても中々ついてこれないと思ったので、もう少しマイルドなネタをやって欲しかったです

個人的には準々決勝でやった算数ネタをやっていればもう少し印象が違ったと思います

  • さや香

個人的にはあまり好きなネタではなかったですね

上沼さんがマヂカルラブリーによく決勝上がって来れたなとは言ってましたが、個人的にはさや香の準々決勝のネタを見た時にそう思いました

ボケの方が知らないことに対してリアクションを取るというスタイルなのですが、結局は既存のものありきでネタを展開しててボケがネタを生み出してないと思ったんですよね

それでも準々決勝で見た内容に比べると、いつのまにかうたのおにいさんに虜になってるという描写等面白い部分はあったのですが、巨人さんの単調になってるというコメントに尽きると思いましたね

  • ミキ

こちらもマヂカルラブリー同様推していた組ではあったのですが、すごく受けてましたね

兄弟というだけあり息ぴったりで勢いもあって終始圧倒されました

ところどころ北朝鮮系のネタをぶっ込んでたりして大丈夫かと思わせたり、ベタなボケを挟んでいましたが、テンポと兄弟の出してる雰囲気が良かったので完全に会場の心を掴んでましたね

お兄ちゃんのツッコミがうるさいとか不快とか言われたりしますが、あの勢いがある中にも要所要所でしっかりと間も取れるところが個人的に好きですね

  • 和牛

これまでとは違って終始ギクシャクや性格悪いところがなかったり、役を途中で変えたりと新しい試みでしたね

前半の1つ1つのネタが後半で回収するための伏線というか振りみたいなものではあったのですが、それに対応するツッコミの川西さんの上手さが光ってましたね

かまいたちと同様に後半盛り上がるネタではありますが、かまいたちとはまた違った盛り上げ方で、こちらの方が爆発力もありましたね

巨人さんの言う通り、もう少し前半の感じが長かったら点数が減っていたかもしれませんが、ギリギリのところでバランスが取れてましたね

  • ジャルジャル

彼らはあまり好きではないのですが、常に新しいことにチャレンジしてて芸人としての姿勢が素晴らしいと思いました

このネタを漫才として取るかどうかは難しいところですが、それでもお笑いのネタとしては間違いなく面白かったので、結果6位だから良くなかったで片付けてはいけないと思いました

1つ1つのボケというかツッコミを入れさせるための振りが紛らわしく見てる方からしてもこんがらがりそうなのに、それをミスもなくやり遂げたのも凄かったですね

ただリズムっぽく終わるのではなく、パンとライスで長いツッコミになってる間にも何か別のことを言ったり、ピン!と5回言うのを律儀に数えてる描写を見せたりして笑いを取ってたのも流石でした

次に2本目です

  • とろサーモン

最初の肩ぶつけられてそのまま下がっていくところや、焼き芋を崇め奉る描写は久保田さんの世界観が前面に押し出されていて良かったとおもいます

ただ、途中の焼き芋屋のやり方を教えてもらうところがダレた印象があり、優勝するには物足りないネタかなと終わった直後は思いましたね

  • ミキ

やはり息ぴったりで掛け合いも面白く勢いがありましたね

ただ、1本目にリーダーに指摘されたように大まかなネタの設定の中で話が中々展開せずに細かなところでのボケに終始してたところが惜しかったですかね

それでも受けだけ見たらここが優勝でもおかしくはないと思いましたね

  • 和牛

ネタの冒頭を見た時にちょっと良くないと思いましたね…

良くないっていうのは面白くないって意味ではなくて和牛の悪い癖が出たという意味です

和牛は漫才の技術があって面白いのは間違いないのですが、結構性格悪い人を演じるネタが多くてそれが不快に感じる方もいるんですよね

ネタの内容もやはり川西さんのツッコミや演技等の技術が高くて面白いには面白いのですが、1本目に比べると漫才上手さに終始してるようにも見えて爆発力もなかったです

そこが優勝逃した原因ですかね…

ただ個人的にはミキとどっちかが優勝かなと思っていました

 

全体的な感想としてはとろサーモン優勝はちょっと疑問かなとは思いつつも、みんな相当受けていたので審査員の好みの差で誰が優勝してもおかしくなかったですね

有名どころの芸人がラストイヤーを迎えたりしてレベルが下がったということもなく、私も終始笑いっぱなしでした

来年もどの組が上がって来るか今から楽しみですね

ものすごく長文になりましたが、今回はこれで失礼します

 

 

Pocket

スポンサーリンク
 

関連記事とスポンサーリンク

-未分類

Copyright© トワツユのゲーム日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.