トワツユのゲーム日記

プレイヤーセンス×の管理人によるゲームプレイ日記

マントル辺境高校

【パワプロ】マントル投手育成で相棒と泊方明日音(はかたあすね)が強い!相棒は星石の確保が計算できて明日音は心石と方石採掘場の設計図の両方を確保できる!

更新日:

どうもトワツユです

ここ最近はマントル辺境高校の投手育成プレイをずっと楽しんでやっていますが、先日上げた記事に載せている編成とはまた違うデッキでもなかなか良い投手を育成できました

甲子園決勝まで戦い抜いた上で凡才先発SS1という結果なので、地方決勝で負けた前回の記事で使ったデッキに比べると見劣りするかもしれませんが、今回の記事ではそのデッキで使ったイベキャラの解説と簡単な立ち回りについて書いていきたいと思います

 

スポンサーリンク

 

使用したデッキ

使用したデッキはこちらになります

虹谷誠、阿麻、堂江の歴代甲子園決勝対戦校のエース3人衆はもはや欠かせない存在ですね

全員得意練習2種持ちですし、コツイベント発生率アップのボーナスも付いています

その上所持コツも優秀で虹谷と堂江からはコントロール、阿麻からは球速の基礎コツを貰えます

そして嬉しいことにコツイベントで手に入る採掘場の設計図が3人とも異なりますからね

役割が被ってないのでこの3人は何も考えずにデッキに入れられます

一方で残りの3人も相棒の茂野大吾、選手兼彼女候補の泊方明日音、そして野手イベキャラの大戸ルカという特徴的な面子となっています

今回はこの3人について詳しく解説していきたいと思います

相棒キャラは特訓コマンドで星石が2つ手に入る!

まず相棒キャラについてですが、デッキに入れるメリットとして特訓コマンドで星石が2つ手に入れられることが挙げられます

通常吹き出しに星石が出ている時の休むコマンドで手に入りますが、練習でコツイベントや強力なタッグが発生していたらなかなか休めなくてタイミングが合わないことが結構あると思います

特訓コマンドならいつ選択しても星石が2つ手に入るので、自分の好きなタイミングで取りに行けるため体力が満タンなのに無駄に休むといったことも避けられます

今回のデッキでは茂野大吾を使用していますが、練習後イベントで体力を回復できる睦子や道塁などの方が合っているかもしれませんね

ただ、大吾は練習後は踏んだ練習に応じた経験点を貰えるので、投手育成時は守備練習を踏んで敏捷を貰えるのが結構ありがたかったりします

金特も勝利の星なので取得しやすく査定も悪くないですね

スポンサーリンク

選手兼彼女の泊方明日音は心石を確保しつつ方石採掘場の設計図も貰える!

続いて選手兼彼女の泊方明日音ですが、マネージャー等の彼女候補と同じようにデートで心石が手に入れることが可能です

また、得意練習がスタミナということでダイナマイトやいいツルハシを生産するのに必要な方石の採掘場の設計図をコツイベで入手可能です

まさに1粒で2度美味しいキャラと言えますね

心石はダイナマイトや貯蔵庫など重要な施設の建設に必要なので彼女枠は必須ですが、そこをコツイベで設計図が貰える選手兼彼女にすることでデッキの候補となる他のイベキャラにも柔軟性が出てきますね

先述した得意練習を持たずコツイベも発生しない相棒も入れやすくなりますし、普通の選手イベキャラを入れてより設計図を貰いやすくしたり不足しがちな経験点を補う方向にも持っていけます

明日音自身の性能に関してはハイテンション時とローテンション時の使い分けが重要となり、どちらか一方を維持すると経験点に偏りが出ます

ハイテンション時は筋力技術、ローテンション時は技術精神に特化していて、テンションの切り替え時には変化球ポイントが貰えます

ハイテンション時は体力回復イベントがやや少ないので注意してください

また、金特は怪物球威と意気揚々から選択できますが、意気揚々は鉱石枯渇3箇所達成時に貰える金特でもあるので怪物球威を選択するようにしてください

大戸ルカはメンタルと守備の2種持ちで金特とイベントがマントルと相性が良い!

最後に大戸ルカについてですが、精神ポイントを稼げるメンタルがメインの得意練習でタッグで体力回復量が増えますし、もう1つの得意練習が守備なので敏捷も稼ぎやすいです

メンタルキャラはデッキにいらないという意見もありますが、タッグによりダイナマイトを発動できる練習が増えた方がやりやすいと思ったので入れました

そしてルカの場合は守備も得意練習なので、今回のデッキなら全ての練習でダイナマイトを発動させることが可能になります

金特も不屈の魂で打たれ強さのコツを貰える堂江と相性が良いですし、全レア度イベントで魔物は見えないよの選択肢を選ぶと縛りのコツが貰え、シナリオ金特の金縛りの介護に使えます

今回のデッキの立ち回りについて

マントルの大まかな立ち回りについては以前の記事に載せていますが、今回のデッキを使った場合の立ち回りも少し書いておきます

やはり早期に心石が欲しいので専属の彼女候補と同様に序盤は基本的に明日音を追いかけていきます

コツイベント発生時、特に採掘場の設計図を貰える場合はそちらを優先します

明日音がコツイベントを出してくれると手っ取り早くて助かりますね

明日音の評価がピンクになったら相棒キャラを追って絆イベントが発生するオレンジの評価まで持っていきます

明日音と相棒の評価を上げる際、アクセサリー店を建設できると追う手間も少しは省けるため、建設に必要な星石を確保しておくのもありです

あとは採掘場とツルハシの施設建設、ダイナマイトの生産、枯渇し始めたら貯蔵庫の建設、経験点メダルの生産と以前書いた記事と同じような立ち回りで良いと思います

終わりに

マントル辺境高校における投手育成は単に変化球キャラを重ねたデッキではなく、様々な得意練習のキャラや彼女候補を入れないといけないシナリオになっていますが、選手兼彼女や相棒にも活路を見出せるのでデッキの組み方は他のシナリオに比べて幅が広い印象です

特に重要な方石確保のためにはスタミナキャラが必須ですが、ここに来てスタミナ練習が得意な選手兼彼女の明日音が輝きを増していますね

相棒キャラも経験点型の大吾の他に体力回復型の睦子や道塁、コツが貰える光等誰を使っても可能性を秘めていてい面白いところです

私自身も個人的に色々なデッキの形をまだまだ試していきたいと思っているので、また良い結果が得られたら記事にしていきたいと思います

今回はこれで失礼します

 

Pocket

スポンサーリンク
おすすめの記事

-マントル辺境高校
-, , , ,

Copyright© トワツユのゲーム日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.