プレイヤーセンス×の管理人によるゲームプレイ日記

鳴響高校

【パワプロ】鳴響野手の立ち回りは?音符の色と経験点の偏りに注意!やっぱり納見さんは使いやすい!

投稿日:2017年10月18日 更新日:

前回は鳴響野手におけるイベキャラの採用理由を紹介しましたが、今回はそのキャラを用いた上でどのように立ち回るか解説します

まず、鳴響ではキャラの評価がピンクになると音符を2つ貰えるようになるので、序盤はなるべくイベキャラの多い場所で練習しましょう

その際に、セク1で貰える楽譜の中にチームメイトの評価が上がりやすくなる効果のある楽譜(青道、ヴァンプ等)があれば是非使ってください

それがなければ、コツイベ発生率アップの効果がある楽譜を使ってコツ回収とイベキャラの評価を上げたり、イベキャラの持ってる音符で完走させやすい楽譜を使って少しでも経験点を稼ぐようにすると良いでしょう

そして、鳴響ではスペシャルタッグかラブパワーが発動した際に、発動させた相手から楽譜をもらうことができますが、楽譜はキャラクターによって決まります

また、3人目と6人目のキャラは発動させると金特付きの楽譜が貰えます

ということでタッグ及びラブパを発動させる順番に気をつけましょう

今回のデッキで自分がプレイする際は神成と大谷を3人目と6人目にしないよう心がけました

何故なら、神成の楽譜は敏捷に偏るため査定を上げることに繋がらないですし、大谷の楽譜は精神に偏るため、ただでさえ納見神成振袖の三銃士で稼ぎやすい精神が過多になるおそれがあるからです

個人的には納見と七井または恋ちゃんの楽譜を3または6番目に持っていきたいです

納見はブレインマッスルの楽譜なので筋力をかなり稼げる点と、デッキのキャラが固定で持っている音符が大谷と神成以外緑なので、楽譜を完走させやすいです

今回のデッキに限らず、緑の音符持ちが多い野手とブレインマッスルの楽譜がマッチしていて、なおかつ納見自身はタッグで技術と精神を稼ぐのでどれか1つに経験点が偏ることがなく大変使いやすいのでデッキを考える際は1番最初に入れておきたいキャラと言えるでしょう

恋ちゃんは、パワ高13の楽譜で音符の色が比較的分散しているので完走しやすく、経験点のボーナスが筋力と技術なのでおすすめですが、ラブパを発生させられるかどうかが不安定なところではあります

アレフトはあかつきの楽譜で、緑がほとんどと赤が少しなのでこれもブレインマッスルと同様に緑の音符を持っているこのデッキと相性が良いでしょう

また、試合経験点アップの効果もあるので、セク4の最後の8ターン辺りで試合と並行して楽譜を完走させられれば効率が良いです

ということで個人的に理想な楽譜の貰い方は、基本的に3人目に納見、6人目にアレフトといった感じで、練習をする過程で恋ちゃんがラブパをいつ発動させるかで臨機応変に対応していくという感じです

この点に気をつけて、あとはいかにタッグ、コツ回収、音符回収を並行して行えるかが鍵となります

鳴響は運に左右されやすい部分はありますが、それでも届けを使わないサクセスならシラスよりも強い選手を作れる可能性があります

投手が強いと思われがちですが、野手でも是非育成してくださいね

それではまた!

 

Pocket

おすすめの記事

-鳴響高校

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


無課金ソシャゲプレイヤー

主にパワプロの記事を書いています

現在のチームランクはSS8

白猫もやっていてランクは400

アニメやお笑い、プロ野球(主に日本ハム)も好きです

連絡先:towatsuyupop@gmail.com