プレイヤーセンス×の管理人によるゲームプレイ日記

イベキャラ性能

【パワプロ】立花投馬(たちばなとうま)の評価は?二刀流で投手野手共に上限持ち!

投稿日:

どうもトワツユです

今回はMIXコラボキャラの立花投馬の紹介をしていきます

今回実装されたイベキャラの中では唯一イベントの報酬キャラとなっていますね

そうなるとあまり性能には期待できないんじゃないかと思う方もいるかもしれません

確かにレアガチャ産の走一郎や音美と比べると使い道はなさそうに見えますが、個人的には報酬イベキャラとしてはかなり強い部類に入ると評価しています

特にアプリを始めて間もない方はSRを確保しておいた方が良いですね

立花投馬の特徴的な点としては、

  • 二刀流イベキャラでコントロールとミートの上限突破持ち
  • 2つの基礎ボーナスに試合経験点とコツイベント率アップのボーナス持ち
  • 投手金特のアームブレイカーの査定値が高い
  • イベントでの体力回復が多い

といった点が挙げられます

スポンサーリンク

 

二刀流イベキャラでコントロールとミートの上限突破持ち

立花投馬は得意練習が球速と筋力の二刀流キャラです

なので彼を持っていれば投手野手両方のデッキに組み込むことができるため、プレイしたてでイベキャラが揃っていない方にとっては便利でしょう

ただ、キャラが揃っている方は普通に野手練習のみ、或いは投手練習のみの得意練習2種持ちを使った方が良いとは思います

また、投手ではコントロール、野手ではミートとそれぞれ上限突破を持っています

選手イベキャラで投手野手両方で上限突破を持っているイベキャラは初めてですね(そもそも二刀流キャラ自体そこまでいないのが原因でしょうが…)

流石に報酬キャラということもありレベル40のボーナスになっているのでSRの場合は解放しないとつかないですけどね

2つの基礎ボーナスに試合経験点とコツイベント率アップのボーナス持ち

投馬は筋力ボーナスと精神ボーナスの2つの基礎ボーナスを持っています

特に精神ボーナスは投手育成時は不足しやすいので、他に球速が得意なキャラを入れて複数タッグで大量に稼いでいくと良いと思います

また、コツイベント率アップや試合経験点ボーナスも持っているのでマントルや恵比留にも適性がありますね

ただ、試合経験点ボーナスは45での解放で、今回の激突イベントで貰えるSRとPRだけでは解放できません

次回のコラボイベントでの配布やガチャに期待しましょう

投手金特のアームブレイカーの査定値が高い

投馬から手に入る金特は投手育成時はアームブレイカー、野手育成時は伝説のサヨナラ男です

アームブレイカーは新金特ですが、その査定値は復活やマインドブレイカー、ギアチェンジと並ぶ最高値となっています

経験点は筋力を多めに使い精神もそこそこ使いますが、先述の通り投馬自身が筋力と精神のボーナスを持っているので本人のタッグで必要な経験点を賄いやすいのは良いですね

ただし、高査定値の新金特のためか入手は不確定となっています

イベントでの体力回復が多い

投馬は金特イベントが3回、全レア度イベントが1回発生しますが、金特イベント3回目を除いて体力を回復できます

特に全レア度イベントの選択肢ではお好み焼きを選ぶことで回復に加えて調子安定を手に入れることが可能です

この点も初心者の方にとって使いやすい部分ですね

スポンサーリンク

まとめ

立花投馬は実質配布キャラではあるものの、投手野手両方で上限突破を持っている点や投手金特のアームブレイカーの査定値が非常に高い点等、破格の性能となっています

基礎ボーナスが2つあったり体力回復が多いのも使いやすいですね

ただ、当たり前ですが二刀流キャラは得意練習2種持ちとは言っても投手野手それぞれで育成する場合は1つの練習でしかタッグを組めないですからね

実際に使う場合は単練習キャラと変わらないので、普通の2種持ちに慣れてしまうと使い勝手が良くはないですね

けれども北斗高校みたいに今後単練習持ちでも使えるシナリオが増えてくる可能性はありますからね(投馬は北斗高校では使えませんが…)

今回の激突イベントをしっかりこなして、SRを回収していくことをおすすめします

以上、立花投馬についての紹介記事でした

今回はこれで失礼します

Pocket

おすすめの記事

-イベキャラ性能
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


無課金ソシャゲプレイヤー

主にパワプロの記事を書いています

現在のチームランクはSS8

白猫もやっていてランクは400

アニメやお笑い、プロ野球(主に日本ハム)も好きです

連絡先:towatsuyupop@gmail.com