プレイヤーセンス×の管理人によるゲームプレイ日記

サクセス

【パワプロ】サクセス総経験点9000点チャレンジのデッキの組み方について考察してみた!主に3つのパターンがあります

投稿日:

どうもトワツユです

パワプロアプリでは今年も周年記念に合わせてサクセスの総経験点チャレンジの報酬がリセットされるようで、ここ最近は追い込みをかける形でみなさん挙ってチャレンジされていますね

そして人によって使用しているデッキも千差万別です

そこで今回はサクセス総経験点9000点チャレンジの際のデッキの組み方について考察していきたいと思います

個人的にデッキの組み方は主に3つのパターンに分けられると考えているので、1つ1つのパターンについて解説していきます

スポンサーリンク

6人全員彼女編成

まず挙げたいのは彼女6人編成のいわゆる6股と呼ばれるデッキです

このデッキのメリットは、

  • 各高校の育成システムに依存しないで安定して経験点を出せる
  • 基本的に選手イベキャラよりイベント数が少なく、まねき猫なしでイベントが完走しやすい

といった点が挙げられます

デートやエピローグで大量に経験点が手に入るので、各高校の練習システムの格差を最も受けにくい編成と言えますね

基本的には練習で彼女候補の評価を告白圏内まで上げたら後は告白を待ってデートに費やすだけなので立ち回りも単純です

ただし、気を付けるべき点も多く、

  • 井戸端会議の対策をしていないと貰える経験点が大きく減少
  • 告白が発生しないと無駄にターンを費やしてデートも完走できない可能性が出てくる
  • 選手イベキャラがいないので試合で勝利しにくい
  • 監督の評価が上げづらく、スタメン落ちしやすい

といったデメリットも挙げられます

井戸端会議は御厨か照守を入れておけば他の彼女候補の評価が下がるのを防げるので、2人のうちどちらかは必ず入れておきましょう

彼女候補の告白はまねき猫を入れてもなかなか発生しないことがあるので運に左右されるので、そういう意味ではあまり安定感がないと言えます

そして彼女候補ばかり入れていると試合に出場するイベキャラが少なくなるので、自力で点を取れる野手育成はともかく援護を待つしかない投手育成ではあまり向いていない編成ですね

デートばかりしていると監督の評価も上げづらいので、不安であれば差し入れを持ち込んで監督評価を上げるようにしましょう

彼女選手半々編成

続いて紹介したいのは彼女と選手をそれぞれ複数人混在させたデッキです

見出しでは分かりやすく彼女と選手半々と書いていますが、彼女4人選手2人といった編成でも同じような立ち回りになりますね

この編成のメリットは、

  • 彼女とのデートもしつつタッグ練習でも経験点を稼げる
  • 6股に比べて彼女評価の管理が楽

といった点が挙げられますね

彼女とのデートを消化しつつも、その間にタッグ練習が発生していればそっちを踏んで経験点を稼げるので柔軟に対応しやすいのが強みです

また、6股に比べると評価が低い彼女候補の評価上げに集中しやすいので安定してエピローグで最大限の経験点を手に入れやすいです

このデッキの編成で気を付けたいのは、

  • 6股編成と同様に井戸端会議の対策をする
  • 選手イベキャラの選定はコンセプトを統一する

といった点ですね

選手イベキャラの選定におけるコンセプトの統一というのは、

  • 同じ得意練習で重ねる
  • 試合経験点ボーナスを重ねる
  • エピローグ持ちで固める

といった感じで何となくで選手イベキャラを入れるのではなく、より経験点を稼ぎやすい編成を行なっていくことです

例えば、冴木と真剣柳生はどちらも打撃練習が得意練習なので複数タッグを狙えますし、どちらも試合経験点ボーナスとエピローグを持っているので、選手イベキャラの枠が限られている中でも効率的に経験点を稼げます

同じ得意練習6人編成

最後に紹介したいのは、6人全員同じ得意練習で固めるいわゆるアヘ編成と呼ばれるものです

よくアヘ変とかアヘ打という言葉を聞くかもしれませんが、これはそれぞれ変化球6人と打撃6人の編成のことを指します

こちらのデッキ編成のメリットは、

  • 1回の練習で大量に経験点を稼げる可能性がある
  • 彼女がいないのでチームメイトがたくさん集まっている練習を踏んで評価を上げやすい

といった点が挙げられます

このデッキの強みは何といってもタッグの爆発力に期待できることですね

途中まであまり上手くいっていないサクセスでも1回5人タッグを踏めれば一気に挽回できたりしますからね

彼女候補も入れなければ序盤の立ち回りも選手イベキャラが多く集まっている練習を踏んでいけば良いので、早期にタッグの発生を見込めます

一方でこのデッキ編成で気を付けたいのは、

  • クリスマスやバレンタイン等の定期イベントで経験点を稼げない
  • タッグが重ならないと経験点が跳ねない
  • 経験点に偏りが出て、重ねる練習によっては経験点を捌けない可能性がある
  • できるだけ多くの種類の経験点が稼げる練習が良さそう

といった点ですね

彼女候補を入れずに定期イベントの経験点を犠牲にしてタッグの爆発力を期待する編成なので、そのタッグがまともに重ならないと総経験点が悲惨なことになります

また、得意練習によっては経験点に偏りが生じて上手く経験点を捌けずに溢れてしまう可能性があるので、重ねる練習やイベキャラの持っている基礎ボーナスの選定も大事です

例えば、変化球練習なら変化球ボーナスを持っているキャラで固めてしまうと技術と精神があまり稼げずに、新たに球種を増やしたり変化量を上げる際に技術と精神が不足してしまうことが考えられるので、できるだけ技術ボーナスと精神ボーナスを持っているイベキャラをデッキに入れたいですね

練習の選定においては、同じ投手練習で比べてみても変化球練習では変化球、技術、精神の3種類の経験点が稼げるのに対して、コントロールでは技術と精神の2種類しか稼げないので、タッグが重なった時の旨味を考えるとやはりできるだけ多くの種類の経験点が稼げる練習で固めておきたいですね

スポンサーリンク

終わりに

サクセス総経験点9000点チャレンジは色々なデッキパターンで達成を狙えるので、自分の手持ちと相談して一番稼ぎやすい編成で挑戦しましょう

個人的には彼女と選手を混在したデッキ編成が練習とデートのバランスが取りやすく扱いやすいと感じました

シナリオによっては北雪みたいに女性キャラしか使えなかったり、旧青道みたいに男性キャラしか使えない等制約が大きくて難易度が高いところもあるので、色んなパターンを模索して試行回数を増やしてみてください

今回はこれで失礼します

Pocket

執筆者:

-サクセス
-,

スポンサードリンク


無課金ソシャゲプレイヤー

主にパワプロの記事を書いています

現在のチームランクはSS8

白猫もやっていてランクは400

アニメやお笑い、プロ野球(主に日本ハム)も好きです

連絡先:towatsuyupop@gmail.com