プレイヤーセンス×の管理人によるゲームプレイ日記

イベキャラ性能

【パワプロ】黒周成穂の運用方法について考察!クロスナインと相性が良さそうだけど無理に使う必要はなさそう?

投稿日:

どうもトワツユです

今回はクロスナインの彼女イベキャラである黒周成穂の運用方法について書いていきたいと思います

ただ、一見すると十文字東高校と相性が良いように見えて十文字東高校自体が彼女候補がそこまでいらないシナリオっぽいのが何とも言えないですね…

現状では投手野手共にあまり使いどころがないかもしれません

とは言えせっかく手に入れたから運用したいという方もいると思うので特徴を確認しつつ運用方法を考察していきます

スポンサーリンク

投手ではスタミナ、野手では守備の上限突破持ち

黒周は投手野手の育成において上限突破を付与できます

投手はスタミナ、野手は守備となっていますが、スタミナ上限突破の純彼女(選手兼彼女ではない彼女)としては七瀬に次いで2人目となりますね

一方守備上限突破彼女としては後イベでは初めてとなるので、この点においては野手の方が差別化されてる感じですね

ただ、守備上限突破キャラは他に冴木や袴友沢等がいて激戦区なのでこれらのキャラを押しのけて使うかどうかかと言われたら何とも言えないですね

金特的には投手育成の方が適性が高そう

黒周から貰える金特は投手なら鉄腕またはアームブレイカー、野手なら鉄人または安打製造機となっています

投手の場合鉄腕は十文字東高校のサクセス終了時に鉄腕を貰えるので彼女1人で真鉄腕を取得できますし、アームブレイカーも金特の中では査定値が最高ランクとなっているのでどちらを選んでも選手ランクを伸ばしていけます

一方野手は現状では真超特殊能力も実装されておらず査定の低い鉄人を選ぶ理由はないので実質安打製造機一択ですが、投手の鉄腕同様に十文字東高校のサクセス終了時に貰える金特になっているので真安打製造機を1人で完結できます

選択肢次第でエピローグがなくなったり体力回復が少なめ等使い辛い点も…

黒周は投手野手共に金特を選択できるので一見使いやすく見えますが、投手の鉄腕と野手の鉄人を取得する場合はデート3回目で別れることになる点には注意しましょう

別れてしまうと当然ながらエピローグも発生しないので獲得できる経験点も減少してしまいます

また、彼女キャラとしては体力回復の機会が少なめなのも気になりますね

告白時も回復がないですし、デートも1,2回目では回復がないので休むコマンド代わりに使用することができないのは使い勝手が悪いですね

黒周を使用したデッキの編成例

アイドルタイプが彼女キャラには珍しいビジュアルということで、十文字東高校では精神ポイントを稼ぐ役割に期待でき、精神ポイントを大量に消費する真鉄腕を取得するという意味でも相性が良いですね

上に挙げている画像のデッキの編成例では十文字東高校の球速固めにおける彼女候補と、スタミナ上限突破要員として機能させています(画像ではあかつき猪狩になってますが本当は好敵手で、空白の枠に黒周が入ります)

この編成ならアイドルタイプもバランスを取りやすいので、アイドルバトルステージで結果を残しやすいです

スポンサーリンク

終わりに

黒周成穂は投手野手ともに十文字東高校のシナリオ金特と組み合わせて真超特殊能力を狙えるイベキャラとなっているのでその点は相性が良いです

ただ、何度も言う通り十文字東高校は現状では彼女候補なしのデッキで最も良い結果が出ているので、無理して使用する必要はなさそうです

彼女候補ということでクリスマスやバレンタインで体力を回復できる点やクロス練習で良いものがなかった時にデートで時間を潰せる点は有用ではあるのですが、普通の彼女候補は選手イベキャラに比べて練習に顔を出す頻度が高くないのが致命的なんですよね

普通の彼女候補を使うくらいなら6人全員を選手キャラにして少しでも強力なクロスタッグを踏めるようにした方が経験点が稼ぎやすいというのがせっかくシナリオイベキャラとして実装されたのに悲しいところです

ただ、今回のガチャを通じて解放が進み、球速固めをする上で手持ちにスタミナ上限突破持ちのキャラが他にいなければ十分使えると思うので今回紹介したデッキを参考にプレイしてみてください

以上、黒周成穂の運用方法についての記事でした

今回はこれで失礼します

Pocket

執筆者:

-イベキャラ性能
-, ,

スポンサードリンク

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


無課金ソシャゲプレイヤー

主にパワプロの記事を書いています

現在のチームランクはSS8

白猫もやっていてランクは400

アニメやお笑い、プロ野球(主に日本ハム)も好きです

連絡先:towatsuyupop@gmail.com