プレイヤーセンス×の管理人によるゲームプレイ日記

見出し批評

【見出し批評】「なんて日だ!」の使い勝手の良さは異常

投稿日:

どうもトワツユです

今回も見出し批評記事を書いていきます

テーマは自然、芸能ですかね

テレビやSNSを見ていると時々、人間の手が加えられていないにも関わらず何かの形に見えるものを目にすることがあります

今回紹介する記事も、とある樹木があの芸能人に似ているという内容なのですが…

バイきんぐ・小峠似も「なんて“木”だ!」 珍樹ハンティングに出かけよう

出典:週刊女性PRIME

バイきんぐの小峠さんに似ている樹木について紹介しています

元記事で画像を確認してみましたが、確かに輪郭が小峠さんを彷彿とさせますね

それはそうと、この記事の見出しで「なんて木だ!」というフレーズが使われていますが、これほど的確に記事の内容を示したワードもなかなかないですよね

スポンサーリンク

見出しのフレーズの元ネタは小峠さんの「なんて日だ!」

バイきんぐを知らない方がいるかもしれないので念のため説明しておくと、見出しのなんて木だ!というフレーズは、バイきんぐのコントの中で小峠さんが発する「なんて日だ!」というフレーズが元ネタになっています

キングオブコント2012の2本目で披露した性転換で息子になった娘と父親が再会するというネタの中で、妻に逃げられた日に娘が息子になって帰ってくるという出来事が重なったことを受けて発したフレーズです

ネタの中で最高潮の盛り上がりを見せたこと、優勝を決めたネタの中で発したフレーズということもあり、小峠さんの代名詞となりました

非常にアレンジがしやすいフレーズ

今回の記事の見出しでは「なんて日だ!」の日の部分を木に変えて「なんて木だ!」とアレンジして使っています

元々のフレーズ自体が短いですし、日の部分もひらがなにして1文字ということもあるので、簡単に文字を変えられてアレンジがしやすいですよね

母音が「い」の言葉は「木」「地」「詩」といった感じで無数にあるので韻を踏む感覚でもアレンジできますし、なんだったら最悪読みが1文字で終わる言葉を使ってもすっきり収まりますからね

個人的にサンドウィッチマンの富澤さんが小峠さんと組んだドリームマッチのネタの中で火を着けるシーンで「なんて火だ!」とアレンジしていたのが印象深いですね

スポンサーリンク

終わりに

小峠さんに似た珍樹の紹介をしている記事について取り上げてきましたが、見出しに使われている「なんて”木”だ!」というフレーズはまさしくこの記事の内容に突き刺さりますね

とりあえず小峠さんが絡んだニュースに関しては「なんて日だ!」というフレーズを使った見出しを付ければそれが小峠さんについてのニュースだってすぐに分かりますし、ファンの方からしても記事を書く側からしても楽ですよね

お笑い芸人はネタやバラエティの実力が大事ではありますが、その上で小峠さんのように代名詞となるフレーズを持っている方の強さというものをこの見出しから感じ取れました

私自身もこれから記事を書いていくときは有名なフレーズをもじって読んでいる人に伝わりやすい見出しを付けていきたいですね

今回はこれで失礼します

Pocket

執筆者:

-見出し批評
-,

スポンサードリンク

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


無課金ソシャゲプレイヤー

主にパワプロの記事を書いています

現在のチームランクはSS8

白猫もやっていてランクは400

アニメやお笑い、プロ野球(主に日本ハム)も好きです

連絡先:towatsuyupop@gmail.com