【競馬予想】2022年1月23日アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)
スポンサーリンク

どうもトワツユです

普段はゲームのまとめ記事を中心に投稿していますが、ウマ娘をきっかけに実際の競馬も見るようになり、最近では馬券の購入もしています

せっかく自身の運営するブログという媒体があるので、需要はないですし根本的に知識が足りませんが購入するレースの予想記事も書いていこうかなと考えました

とは言え、予算的にも時間的にも全レースに触れるのは難しいので、購入するレースは芝の重賞に限定しています(^^;)

今回は2022年1月23日に開催されるAJCCについて予想していきます

レースの展開について

AJCCのコースは中山芝2200mで、スタートしてからコーナーまでの直線が長く、内外で先行争いにそこまで有利不利は働かなさそうですね

先行したいという馬もそこまで多くなさそうなので前半はゆったりとした流れになると思います(キャッスルトップ辺りがハイペースを作る可能性はありそうですが…)

ただ、中山は最終直線が短く、第4コーナーを中団より少し後方くらいから前で通過しないと届かない可能性があるのと、先行したい馬に瞬発力勝負で分が悪そうな馬がいるので、残り1000m辺りから徐々にスパートが掛かってきて上がりはそれなりに時計が掛かる消耗戦になる気がします

また、開催が進んで馬場の内側が傷んできて外差しが決まりそうなので、後ろ過ぎないポジションから長く脚を使えて瞬発力もある馬が良いかなと考えています

予想

◎ボッケリーニ

瞬発力があり、後半ペースが流れても道中後ろ過ぎない位置から追走できそうなので、中山では走ったことがないものの短い直線にも対応してくれるのではないでしょうか

枠も6枠9番とやや外寄りなのも無理なく差せるポジションを確保できそうですし、斤量も前走57.5kgから減って56kgで走れるのはプラスです

2000mより長い距離を走ったことはありませんが、陣営が折り合いを覚えさせるという意図を持って長い距離を使って来なかったのを満を持して解禁したということで期待したいですね

○オーソクレース

ホープフルステークスやAJCCと同じコースのセントライト記念で馬券に絡んでいる等、中山での実績は申し分ないですね

セントライト記念に比べると寒い時期でタフな馬場になってそうですが、菊花賞で2着になっているのでスタミナ寄りのレース展開はむしろ歓迎でしょう

実績がありながら55kgの斤量で走れるのも良いですね

不安点としては、コーナリングがあまり上手くないようなので中山の最終コーナーでもたついて埋もれてしまう可能性がある点が挙げられますかね

▲ポタジェ

前走天皇賞秋で6着になるまでは全ての競争で3着以内に入っていますし、戦ってきた相手も天皇賞秋ではエフフォーリアやグランアレグリア、毎日王冠ではシュネルマイスターやダノンキングリーといった一線級が揃っていました

先行しながら長く脚を使えるので、徐々にペースを上げながら前で粘り込めるのではないかと思っています

ただ、先述したように外差し馬場を想定しているのと、ポタジェ自体が差しに回っても瞬発力勝負では少々分が悪いように見えるのでこの評価に落ち着きました

△候補

△候補としては、

・キングオブコージ
・アサマノイタズラ
・ラストドラフト
・スマイル
・マイネルファンロン

の5頭を選びました

キングオブコージ2000mより長い距離向きで瞬発力も長い脚も使えそうですが、内が伸びない想定で1枠1番なので、先行だと垂れて後方だと外側に持ち出すのに苦労しそうだと思い、ここに入れました

アサマノイタズラはセントライト記念で勝った時のような展開になりそうな馬場ではありますが、こちらも内枠なのと気管支炎明け、個人的に調教がそこまでよく見えなかったのでこの評価に留めました

ラストドラフトは前走の中日新聞杯が前残り馬場だったので今回の方が走りやすいでしょうし、タフな馬場は歓迎でしょう。AJCCで2回馬券には絡んでいて実績も申し分ないですが、後半ペースが流れると少々きついかもしれないですね

スマイルは前走3勝クラスながらも強い勝ち方ではありましたが、別定戦と考えると能力的には足りないでしょうし、前も伸びないとなると上手く自分のペースで運べて3着あるかどうかといったところでしょうか

マイネルファンロンはどこでどのように走るか分からない中で外差し馬場の想定で大外枠なのと、調教も良いようなので紐には入れておきます

買い目としては、◎単勝、◎-○▲馬連、◎-○▲-○▲△3連複フォーメーションで行く予定です

当日の馬体重やパドックの様子で変更するかもしれません

それではまた