【競馬予想】2022年1月30日シルクロードステークス予想結果&振り返り
スポンサーリンク

どうもトワツユです

今回はシルクロードステークスの予想結果と簡単な振り返りをしていきます

着順・予想結果

今回のレースの着順は、

1着 メイケイエール
2着 シャインガーネット
3着 ナランフレグ

という結果になりました

そして私の予想と買い目は、

◎シャインガーネット
○ホープフルサイン
▲ジャンダルム
△ナランフレグ
△エーポス
×メイケイエール
×タイセイアベニール
×カレンモエ

単勝◎○、馬連ワイド◎-○▲、3連複フォーメーション◎-○▲△-○▲△×

でした(詳しい予想内容はこちらからhttps://towatsuyugame.com/2022/01/29/silkroad-2022/)

という訳で、3連複的中という結果になりました\(^o^)/

単勝と馬連ワイドはそれぞれ500円ずつ、3連複は18点100円ずつ買っていたので計4800円購入で8280円の払い戻しとなり、3480円プラスでしたね

3連複のみ的中となりシャインガーネット軸にはしたものの、メイケイエールナランフレグという人気どころが紐で来た形となり、微勝といった感じですね

4着のホープフルサインがナランフレグの代わりに3着に来ていたら3連複で8万円、ワイドで5万円程払い戻しがあったと仮定されるのでそこは歯痒い気持ちになりましたが、シャインガーネット軸予想でプラスで終えられたのは良かったです

レースを振り返って

今回は逃げ先行が想定される馬が多くて前半はかなりハイペースになるかと思いましたが、33.5秒と思ったよりはペースが上がりませんでしたね

そして4Fのところで11.5票と緩んだので、直線入ってからの瞬発力勝負になった印象です

メイケイエールはスタート直後掛かり気味には見えましたが道中抑えられてペースもそこまで上がらなかったのが功を奏したように見えますが、外差しが効きやすい馬場で先行しながら荒れ気味の内寄りを走って勝ったのでやはり地力はあるように感じましたね

シャインガーネットは中京では不利と言われている大外枠ながらも、先行争いしていた馬が多い中でその後ろに少し内側に入ってポジションをキープできたのが良かったですし、直線入ってからもしっかり外に出して勝負できていましたね

ナランフレグは外が伸びる馬場とは言え、そこまで速くないペースから4コーナーで後方から大外を回して伸びて3着という結果は強い内容だったと思います

シャインガーネット、タイセイアベニールは内寄りの枠を生かしてロスなく回ってきて、最後の直線は馬群を割くようにして伸びてきましたが、外の方が伸びる馬場傾向だったためにシャインガーネット、ナランフレグには少し及ばなかったですかね

個人的に重めの印を付けたジャンダルムは追込かと思っていたら先行争いをしていて意外でしたし、大外から走っていて道中ロスが大きく最後の直線で失速してしまいましたね…

個人的にはもう少しペースが上がってタフな展開になると思っていましたが、ビアンフェも外の枠でしたし内も荒れ気味と考えると先行争いをしつつもペースを上げたくはなかったのでしょうかね

馬券は当てたものの、消耗戦と言うよりは瞬発力戦でそこの予想は外してしまったので反省しないといけないですね

以上、シルクロードステークスの予想結果及びレースの振り返り記事でした

次は東京新聞杯の予想を予定しています

今回はこれで失礼します